2019-11-07
カテゴリトップ>アコースティックギター/ベース>アコースティックギタータイプ別>スチール弦>YAMAHA
YAMAHA 《ヤマハ》
LJ6 ARE

YAMAHA ACOUSTIC GUITAR ”NEW” L SERIES

昔ながらの技工と構造を持つ「Lシリーズ」は、現代のギタリストの要求を満たし、且つ超えるギターを生み出すために、ヤマハのアコースティック楽器設計が長年培ってきた伝統をもとに制作されています。トラディショナルなスタイルと精巧な貝のインレイを特長とし、バランスのとれた音質、高い演奏性、幅広いダイナミックスレンジを実現しました。ステージ演奏では、高品質のピックアップが演奏の細部に至るニュアンスをとらえ、想像力を掻き立てます。

A.R.E. (Acoustic Resonance Enhancement)
A.R.E. [Acoustic Resonance Enhancement]とは、ヤマハが独自に研究・開発した木材改質技術です。ギターのボディ材にこの技術を施すことで、長年弾き込まれたような豊かな鳴りを実現します。薬品類を一切使わず、温度、湿度、気圧を高精度に制御することにより、製材後長期間を経た木材の経年変化と同様の変化を短期間で生みだすことによって音の伝達と振動効率を上げ、中低音成分の伸びの促進と高音成分の立ち上がりの増大や減衰の高速化を実現します。このため、バランスが良く耳障りな倍音成分の少ない、熟成された温かみのあるサウンドが得られます。

◆ YAMAHA LJ6 ARE
ヤマハの様々な独自技術を搭載しました。イングルマンスプルース単板によるトップ材はA.R.E (Acoustic Resonance Enhancement)処理が施されています。さらに、改良されたブレイシングデザインによって、優れた音量バランスを保ちながら、より力強く、より大きな音を響かせます。また、現代のギタリストのニーズにマッチしたパッシブタイプのピックアップを搭載。このピックアップにより、ライブやレコーディングにおいても、アコースティックギターとしての外観はそのままに、ギターの鳴りを損なうことなく高い表現力を発揮します。

主な特徴
・ミディアムジャンボボディ仕様
・表板はイングルマンスプルース単板を採用
・裏側板はローズウッドを採用
・高い演奏性を実現する新ネック形状
・5層構造ネック搭載
・パッシブタイプピックアップ搭載

SPECIFICATIONS
胴型: ミディアムジャンボボディタイプ
胴厚: 100mm〜125mm
表板: イングルマンスプルース単板(A.R.E.)
裏板: ローズウッド
側板: ローズウッド
棹: マホガニー+ローズウッド5プライ
指板: ローズウッド
下駒: ローズウッド
弦長: 650mm
指板幅(上駒部/胴接合部): 44mm/55mm
糸巻: ゴールドペグ(TM29G)
塗装: ウレタン塗装・グロス仕上げ
ピックアップ&コントロール: パッシブタイプピックアップ

◆ライトケース付属

◆カラー:
・ナチュラル
・ブラウンサンバースト

※画像はサンプルです。
※こちらの商品はお取り寄せとなります。

【商品取扱い店舗】
・ハートマンギターズ(03-6415-4169)

YAMAHA ACOUSTIC GUITAR ”NEW” L SERIES

ページの先頭へ
お知らせ 入校のお申し込み(仮予約) 教習所案内 入校から卒業まで 料金一覧 プライバシーポリシー