2019-11-02
カテゴリトップ>パーツ・アクセサリー>ホイール・リム>ロード用
カンパニョーロ ゾンダDBスルーアクスル シマノ9/10/11s 6ボルト ディスクブレーキ用前後アルミホイールセット

*写真の色は実物と若干異なる場合がございます。

カンパニョーロ ゾンダDBスルーアクスル シマノ9/10/11s 6ボルト ディスクブレーキ用前後アルミホイールセット CAMPAGNOLO ZONDA DISC BRAKE ThroughAxle 6Bolts F&R WHEEL-SET

おすすめポイント

ロードバイクに装着されるディスクブレーキのために開発された初めてのホイール、今まで市場で見つけることのできなかった、
カンパニョーロのトラディショナルなリムブレーキ用ホイールが持つトップレベルのパフォーマンス、信頼性、安全性、統合性を獲得し、鮮烈なデビューを果たしました。
ゾンダディスクブレーキは、リムブレーキバージョンと比べて反応性が高いだけでなく、競合ホイールよりも25gも軽量です。
技術的にも個々の部品の完成度でも進化し、パフォーマンスのレベルを上げながら、軽量化することに成功したホイールは、ライダーの期待を大きく上回り、市場におけるディスクブレーキホイールのトップに君臨することでしょう。
135と142OLDのQRバージョンとHH12バージョンが用意されています。

スペック

    新たしいアシンメトリックプロファイル(26-28mm)切削されたリム:独自の切削を施し、リム周辺部の重量を軽減しながらホイールの反応性を向上。RDB(リムダイナミックバランス):コンセプトはとてもシンプルで、洗練されています。接合部分の重量をその反対側に同等の重量を配することでバランスを取っています。MoMag:リムのタイヤ面にスポーク穴がなく、軽量化を図りながら高い剛性を確保スポーク:フロントホイールにも、ブレーキの高いパワーを受け止めるためにG3テクノロジーを採用フロントスポーク:2/1.6/2mm径のステンレススチール製スポークを14本配置(左側、ブレーキ部)
    2/1.6/2mm径のステンレススチール製スポークを7本配置(右側、ドライブ部)リアスポーク:2/1.6/2mm径のステンレススチール製スポークを7本配置(左側、ブレーキ部)
    2/1.6/2mm径のステンレススチール製スポークを14本配置(右側、ドライブ部)ニップル:ブラックアノダイズドセルフロックニップルをリムの外側に配置し、容易なメンテナンス性を実現カップ&コーン式ベアリング:ベアリング調整が容易で、あそびの発生を抑えることができます。
    長期にわたってパフォーマンスを維持し、ボールとレースの理想的なコンタクトアングルをキープすることが可能です。マイクロセッティングテクノロジーを採用した調整ロック:正確な調整が可能で、あそびの発生を抑えます。ローター取り付けの、2種類のインターフェース(6ボルト%AFS):市場におけるすべてのローターに適合します。メガG3システムを採用した、21本のステンレススチール製スポーク:高い剛性と反応性を発揮し、フロントのブレーキサイドとリアのドライブサイドを強化しています。
    ルックスもクールなレーススタイルを体現。
重量フロント:786g
リア:889g
リム材質カーボン
リム寸法(高さ/幅)26-28/22
スポーク数21/G3
スポーク材質ステンレススチール
ナット/ニップル材質アルミニウム
オーバーロックナット寸法フロント:100
リア:135-142
ハブ・ボディ材質アルミニウム
対応シマノ9/10/11s

MoMag
MoMgaとは(マウンティング・マグネット)から由来し、短縮してMoMagになりました。
ホイールの完璧な構造を可能にし、数多くのアドバンテージをもたらすテクノロジーです。
仕組みとして、バルブ穴からリムの中に入れられたニップルは、マグネットに依ってスポーク穴まで誘導されます。
このシンプルならも独創的なシステムによって、ホイールのアッパーブリッジからスポーク穴をなくし、従来のニップルでスポークにテンションを掛けることができます。
アドバンテージとしまして、リムからスポーク穴をなくすということは、
リムはどのポイントでも均一な形状を保ち、ストレスが掛かるポイント、つまり脆弱なゾーンをなくすことができます。
また、リムテープの必要がなく軽量化にも貢献します。
リムの寿命を伸ばし、耐久性をアップ。スポークテンションを上げ、剛性を高めます。
つまり、反応性と加速性が大きく向上します。
しかもそれだけではありません。メンテナンスやスポーク交換は簡単で時間が掛かりません。
すべては、カンパニョーロを選択したライダーのためにあります。

メガG3ジオメトリー
カンパニョーロはリアホイール右側のスポーク本数を左側の2倍配置するG3ジオメトリーを開発し、
従来のホイールからスポークアッセンブルの基本設計を大きく進化させました。
G3システムの成果には驚くべきものがあります。
ドライブトルクの伝達性と横方向の剛性が向上し、リアホイールのスポークへのストレスが減少しました。
ホイールの両側に掛かる力を補正するG3システムんよって、体重のあるライダーが乗車しても、余計な振動は起きません。
2014年mG3はオーバーサイズフランジを備えて、メガG3になり、横方向とねじれに対する剛性がさらに向上しました。

ダイナミックバランス《アルミニウムホイール》
コンセプトはとてもシンプルで、洗練されています。接合部分の重量を、その反対側に同等の重量を配することでバランスをとるのです。
トップモデルでは、リム接合部の反対側のリム部分に特殊な加工を施します。

ディスクブレーキプロジェクト
プロフェッショナルレースの集団だけでなく、世界中の熱狂的なサイクリストの間にも、ディスクブレーキが到来しています。
カンパニョーロの名前に相応しい、真のディスクブレーキホイールに対する大きな要望の高まりを受け、研究開発が開始されました。
多くのブランドがディスクブレーキ用ホイールの開発に取り掛かりましたが、多くがリムブレーキバージョンの技術をリムやハブに応用しただけのものでした。
カンパニョーロはこれをパフォーマンス、信頼性、製品の統合性に対する妥協だと考え、根本的な解決策を模索しました。
事実、フロントホイールのディスクサイドに掛かるブレーキパワーに対抗するには、さらなる構造設計が必要になります。
リアホイールにはG3スポークデザインを用い、生み出される左右非対称のパワーをコントロールしました。
フロントホイールのディスクサイドには、ダブルのスポークが採用されました。
メガG3スポークシステムを組み込むことで、ハブはディスクブレーキが生み出す非対称なパワーを制御することができます。


※商品の仕様は予告無く変更される場合がございます。
また、掲載されています写真は実際の品と異なることがございます。
届いてからのサイズ変更などは受け付けておりませんので、よくご確認のうえご購入下さい。


 カンパニョーロ ゾンダDBスルーアクスル シマノ9/10/11s 6ボルト ディスクブレーキ用前後アルミホイールセット CAMPAGNOLO ZONDA DISC BRAKE ThroughAxle 6Bolts F&R WHEEL-SET

ページの先頭へ
お知らせ 入校のお申し込み(仮予約) 教習所案内 入校から卒業まで 料金一覧 プライバシーポリシー