2019-10-15
カテゴリトップ>バッグ>CHAMBORD SELLIER
CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】 GORDES LAGUN CH402 CHEERE(フラップドキュメントケース ラグーン アイスグレー)
SIZE目安サイズ
約27cm
約36cm
マチ約7cm
素材牛革(ラグーン)100%
仕様内ポケット有
注意*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
*サイズには個体差がございます。予めご了承くださいませ。
 

CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】

フランスのパリから列車で1時間ほど離れたロアール地方に所在する町、シャンボール。
シャンボールは1498年オーレオン公爵が王ルイ12世の地位について以来、フランス王国の所有地として栄え、またChevalier(中世の騎士)が住んでいたこともあり馬具産業が発達した街としても知られております。
セリエとは車などの乗り物のための椅子や馬具などを作る革の専門職人、もしくはそれらを取り扱っている専門店のことを言い、CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】というブランド名はこの二つの言葉からインスピレーションされ生まれました。

国家認定アルチザン(フランスの人間国宝のような職人)を含む熟練職人により手縫い仕上げられる長年培った経験や技術、高いを背景に持つフランスのシャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、革の質や仕上げの良さが引き立ち、シンプルなデザインですが、独特な存在感が特徴のブランドです。

CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】の歴史は60年にも及び、フランスを代表する一流ブランドの生産を手掛けてきた実績が、技術の高さを物語ります。
フランスらしいエレガンスを持つコレクションは、シャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、革の質や仕上げの良さが引き立つシンプルなデザインが特徴です。芯に天然素材の縄を用い、手にしっくりと馴染む作りのハンドルや、出色の美しさを放つコバ磨きは長年の経験による職人の技術が必要とされます。

また、ブランドを象徴するプレートにあしらわれているシャンボール城はこの地方最大のお城で1519年より30年も掛けて建設されたもので、当時のフランス国王、フランソワ1世の趣味であった乗馬狩猟(馬に乗ったままでの狩猟)の場所として建てられたのが目的だったので広大な敷地を有しています。1981年には世界遺産に今では文化遺産にも選ばれた建築物を設計したのは、フランソワ1世と親交のあったレオナルド・ダ・ヴィンチによるものだとも考えられています。

今回、ご紹介致しますのは「GORDES」モデルです。

丈夫なだけでなく適度な柔らかさを持つ厳選された水牛の「LAGUN」で登場。シンプルな出で立ちながらもフロントにはフラップを配置しており、シンプルな形にもかかわらず、素材、フォルム、ハンドルのカーブなど全てが絶妙にマッチした、フランスらしいエレガントな雰囲気が漂うバッグです。
シンプルにデザインされたノーブルな表情である上に、シボ革に特徴的な傷もつきに耐久性に富みビジネスシーンでも実用的な一品、フランスらしいエレガントで上品な雰囲気が漂うバッグです。

これからのビジネスシーンにも重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なCHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】をご愛用してみては如何でしょうか。

数量も限られておりますので是非、お早目にご検討くださいませ。

この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、ご注文の商品が、既にお品切れのこともございます。 その場合、必ず連絡を致しますが、万が一、再入荷の予定がない場合は、キャンセルさせて頂く場合もございますので予めご了承くださいませ。

CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】

CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】

シャンボール社はフランスを代表する一流ブランドの革製品の生産を手掛け、2004年よりオリジナルコレクションを発表しました。フランスらしいエレガンスを持つコレクションは、シャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、手にしっくりと馴染む作りのハンドルや、出色の美しさを放つコバ磨きは長年の経験による職人の技術が必要とされます。

SIZE目安サイズ
約27cm
約36cm
マチ約7cm
素材牛革(ラグーン)100%
仕様内ポケット有
注意*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
*サイズには個体差がございます。予めご了承くださいませ。

CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】

フランスのパリから列車で1時間ほど離れたロアール地方に所在する町、シャンボール。
シャンボールは1498年オーレオン公爵が王ルイ12世の地位について以来、フランス王国の所有地として栄え、またChevalier(中世の騎士)が住んでいたこともあり馬具産業が発達した街としても知られております。
セリエとは車などの乗り物のための椅子や馬具などを作る革の専門職人、もしくはそれらを取り扱っている専門店のことを言い、CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】というブランド名はこの二つの言葉からインスピレーションされ生まれました。

国家認定アルチザン(フランスの人間国宝のような職人)を含む熟練職人により手縫い仕上げられる長年培った経験や技術、高いを背景に持つフランスのシャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、革の質や仕上げの良さが引き立ち、シンプルなデザインですが、独特な存在感が特徴のブランドです。

CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】の歴史は60年にも及び、フランスを代表する一流ブランドの生産を手掛けてきた実績が、技術の高さを物語ります。
フランスらしいエレガンスを持つコレクションは、シャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、革の質や仕上げの良さが引き立つシンプルなデザインが特徴です。芯に天然素材の縄を用い、手にしっくりと馴染む作りのハンドルや、出色の美しさを放つコバ磨きは長年の経験による職人の技術が必要とされます。

また、ブランドを象徴するプレートにあしらわれているシャンボール城はこの地方最大のお城で1519年より30年も掛けて建設されたもので、当時のフランス国王、フランソワ1世の趣味であった乗馬狩猟(馬に乗ったままでの狩猟)の場所として建てられたのが目的だったので広大な敷地を有しています。1981年には世界遺産に今では文化遺産にも選ばれた建築物を設計したのは、フランソワ1世と親交のあったレオナルド・ダ・ヴィンチによるものだとも考えられています。

今回、ご紹介致しますのは「GORDES」モデルです。

丈夫なだけでなく適度な柔らかさを持つ厳選された水牛の「LAGUN」で登場。シンプルな出で立ちながらもフロントにはフラップを配置しており、シンプルな形にもかかわらず、素材、フォルム、ハンドルのカーブなど全てが絶妙にマッチした、フランスらしいエレガントな雰囲気が漂うバッグです。
シンプルにデザインされたノーブルな表情である上に、シボ革に特徴的な傷もつきに耐久性に富みビジネスシーンでも実用的な一品、フランスらしいエレガントで上品な雰囲気が漂うバッグです。

これからのビジネスシーンにも重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なCHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】をご愛用してみては如何でしょうか。

数量も限られておりますので是非、お早目にご検討くださいませ。

この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、ご注文の商品が、既にお品切れのこともございます。 その場合、必ず連絡を致しますが、万が一、再入荷の予定がない場合は、キャンセルさせて頂く場合もございますので予めご了承くださいませ。
CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】

ページの先頭へ
お知らせ 入校のお申し込み(仮予約) 教習所案内 入校から卒業まで 料金一覧 プライバシーポリシー