2019-11-09
カテゴリトップ>ギフト>20001円以上ギフト
岩切裕子 額付き木版画 『crescent noon hotel』 2011年
作家名岩切 裕子
タイトルcrescent noon hotel
技法木版画
限定部数40部
画面寸法
(イメージサイズ)
375×375mm
額外寸595×585mm
商品説明2015年10月24日〜11月1日までの当店における個展のDM掲載作品。
[岩切裕子 TOP]





【岩切裕子 プロフィール】
1961年 渋谷区に生まれる / 1988年 多摩美術大学院修了、日本版画協会展協会賞受賞 / 1989年 平成元年度文化庁芸術家国内研修員 / 1992年 日本版画協会展第60回記念賞受賞 / 1996年 日本版画協会展準会員優作賞受賞、日本版画協会会員に推挙される / 2001年 文化庁作品買上げ(予言者のカンカーター)
【個展】
1990年 シロタ画廊(銀座)以後定期的に開催 / 1994年 ギャルリー宮脇(京都)以後定期的に開催 / 2001年 ギャラリー ベルセーブ(富士)以後定期的に開催
【パブリックコレクション】
ワシントン市立美術館、宮崎県立美術館、相生森林美術館、文化庁


版を重ねる。色を重ねる。多くの時間を、記憶の層をたどり、さまざまなカタチのフラグメントを重ねる。それらは、コトバであったり、音であったり、またわずかな空気の揺らぎであったりする。それらは、いくつかの情景を呼び起こす。置き忘れられた、長い長い時間の手触りを感じる。それらを取り出して、埃を払ってみる。ひとつ、またひとつ、丁寧にふるいにかけて選別し、並べ直し、重ね合わせていく。かつて見えていたものとは違う風景が拡がる。並べ替えられた音は、違う音楽を奏でる。懐かしい手触りの、もうひとつの静謐な世界を手繰り寄せる。世界を開き、世界を綴じる。
岩切裕子 記

落ち着いた色合い、不思議なカタチと構図の建物、そして森や植物などの一見全く関連性のないパーツが非常に上手く調和されていて、見る人のココロが和み、そして見る人によって異なった見え方のするそんな心象風景画です。岩切さんの作品は、そのタイトル、絵の中身からその時の心情によっていろいろな見え方のする絵です。
【送料無料】 

ページの先頭へ
お知らせ 入校のお申し込み(仮予約) 教習所案内 入校から卒業まで 料金一覧 プライバシーポリシー